利益を作りたければ労働時間を短くしよう!!労働時間は量ではなく質!人事労務をデザインする東京都町田市の社会保険労務士岩切事務所

労働時間の「質」を上げて、より豊かな人生を!

社会保険労務士岩切事務所

〒194-0032 東京都町田市本町田3486-1-46-105

主な
活動地域

町田市、川崎市
 横浜市、相模原市

営業時間

10:00-17:00

お気軽にお問合せください

警告!労災保険に加入する前に、民間保険を検討してはいけません!

もしあなたが従業員が仕事中に怪我した場合にどんな保障をすればよいのか?を考えているのなら、迷わず労災保険に加入すること、活用することをオススメします。

なぜなら、従業員を1人でも雇っていれば、たとえそれが週1日1時間のアルバイトであったとしても、あなたは「労災保険に加入しなければならない」という法的な義務があるからです。

 

もし労災未加入中に、労災事故が発生したら・・・

労災保険に未加入中の労災事故であったとしても、被災した従業員、不幸にも従業員が亡くなってしまった場合にはその遺族に対して、労災保険から保険給付は行われます。

が、あなたは・・・

  • 労災保険が給付を行った額の全部または一部を「徴収」されます。
    これを費用徴収と言います。
  • 遡って労災保険料を「徴収」されます(最大2年さかのぼって保険料を計算します)

国から「徴収」される額は次の基準によります。

労災保険の加入手続について行政機関から指導等を受けたにもかかわらず、手続を行わない期間中に業務災害や通勤災害が発生した場合には、あなたが「故意」に手続を行わないものと認定し、当該災害に関して支給された保険給付額の100%を徴収されます。

労災保険の加入手続について行政機関から指導等を受けてはいないものの、労災保険の適用事業となったときから1年を経過して、なお手続を行わない期間中に業務災害や通勤災害が発生した場合には、あなたが「重大な過失」により手続を行わないものと認定し、当該災害に関して支給された保険給付額の40%を徴収されます。

 

労災に加入しているのに、労災事故を隠していた場合には・・・

労働安全衛生法違反被疑事件の送検について
―労災かくしで倉庫業者を書類送検―

大田労働基準監督署は、倉庫業者及び同社の物流センター所長を労働安全衛生法違反の容疑で、平成 25年 9 月 13 日、東京地方検察庁に書類送検した。

 〈事件の概要〉 
平成 24 年 8 月 4 日、会社の物流センターにおいて、労働者が荷の検数作業中、バックしてきた同社の下請労働者が運転するフォークリフトに接触し、右足かかとの裂傷の傷害を負う休業 4 日以上を要する労働災害が発生した。

労働安全衛生法では、休業 4 日以上を要する労働災害について、遅滞なく、所轄労働基準監督署長に労働者死傷病報告の提出を義務づけているが、捜査の結果、物流センター所長は、事故を隠蔽するため、労働者死傷病報告を大田労働基準監督署に対し提出しなかったことが判明した。

(東京労働局HPより引用)

 

労災保険は、例えるなら、
自動車の自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と同じ。

従業員を雇ってビジネスをする場合には、加入が義務付けられています。言い換えれば、あなたに課された労働基準法上の災害補償義務をフォローする保険であり、あなたが安心して従業員を雇用してビジネスするための保険。あなたのもとで従業員が安心して働くことができるようにするための保険なのです。

労働基準法上のあなたの災害補償義務は、仕事中の災害についてのみですが、労災保険ではそれに加えて、通勤途上の災害もカバーしています。万が一、従業員が通勤途中に交通事故にあってしまった場合であっても、労災保険を使うことができます。

 

万が一従業員が仕事中、けがをしてしまった場合には・・・

その治療費=病院に支払うお金は、0円(無料・治療行為という現物給付)です。
※労災なので、健康保険、国民健康保険は使うことができません。

 

仕事中のけがが原因で仕事に就くことができず、療養に専念するため休業した場合には・・・

休業4日目から、休業1日あたり平均賃金の8割(6割+2割)の所得補償(=休業(補償)給付)を受けることができます。

 

仕事中のけがが原因で、障害が残ってしまった場合には・・・

障害の程度に応じて、障害(補償)給付(年金または一時金)を受けることができます。

 

仕事中、仕事が原因で、不幸にして亡くなられてしまった場合には・・・

葬祭を行った方に対して、その葬儀にかかった費用を、葬祭料として労災保険から受けることができます。

残されたご遺族は、遺族(補償)給付(年金または一時金)を受けることができます。また、遺族(補償)給付の受給権者には、遺族特別支給金300万円が一時金として別途支給されます。

重度の障害(1級から3級)の障害(補償)年金の受給権者、遺族(補償)年金の受給権者、傷害(補償)年金の受給権者で、生計を同一にしている子どもがいて、その子どもにかかる学費の支払いが困難である方は、年金給付基礎日額が16,000円を超えていなければ、労災就学等援護費を受けることができます。

 

万が一、倒産等により従業員に未払い賃金が発生してっしまった場合には・・・

従業員が請求することにより、その未払い賃金相当分を、あなたに代わって国が従業員に支払うという制度もあります。

 

ビジネスを円滑に運営していきたい!
そう願うのであれば、労災保険に加入することは絶対条件です。

あなたが労災保険に加入しないということは、あなたが法的義務を果たさないという意思表示。あなたが法的義務を果たさない・・・それだけで従業員からの信用を失うことでしょう。

そうは言われても保険料が・・・と思われる方もいるでしょう。

 

保険料は、従業員に支払った賃金分だけ

労災保険料=従業員に支払った賃金総額×労災保険料率(業種ごと)

労災保険料率は、定期的に見直しが行われます。

現行の保険料率は 2.5/1000(金融業)から 89/1000(水力発電施設)の範囲内です。

例:サービス業(保険料率 3/1000)で、従業員に支払う給与が月額300,000円の場合

労災保険料(月額)= 300,000円×3/1000=900円      年間:10,800円

これだけ。たったこれだけで労災保険給付を受けることができます。

 

労災保険はどれだけ使っても保険料は変わりません。

多くの方は、労災保険を使うと保険料が上がると勘違いされています。

確かに、従業員規模100人以上であれば、労災保険の活用状況に応じて保険料率が+-することがありますが、それ以外の規模であれば、どれだけ使っても保険料は変わりません。

 

労災保険を使うと労働基準監督署の調査が・・・

そんな心配をされる方もいらっしゃいます。

そもそも従業員がケガをしやすい環境で働くことが、あなたのビジネスを成長させる、売上を作るために絶対に必要不可欠な環境なのでしょうか?

重大な事故が発生した場合には、労働基準監督署はあなたの会社を調査します。それは一方で労働基準監督署が事故原因を追究し、これから事故の起きにくい職場を作るには・・・をアドバイスしてくれる場面でもあります。

 

労災保険に加入しない理由、加入していない理由は何ですか?

にもかかわらず民間保険会社を活用したいと考えている理由は?

従業員を雇ってビジネスをするのに労災保険に加入しない理由は何もありません。

 

法律上強制されている問題に悩んでいる時間は必要ありません!

あなたの事情をおうかがいした上で、適切に労災保険加入手続を代行いたします。

 

労災保険に加入したい!!まずは相談してみたい!!

 

そう思ったら今すぐご連絡ください。

労災保険 新規適用 基本料金表

表示している金額は、標準額です。作成する内容、作業量などを勘案した上で決定させていただきます。

労災保険 新規適用 1労働保険番号あたり¥40,000

※料金表示は税抜です。

※ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お問い合わせ・ご相談

現在、新規の顧問契約は、1か月につき3社までとさせていただいております。

おかげさまで多くのお客さまとお付き合いをさせていただいております。

私の活動時間のほとんどは、顧問先さま、業務のご依頼をいただいているお客さまへのサービス提供、よりよいサービス提供をするためのスキルアップや商品開発のために使っています。そのため、いきなりのお電話でのお問い合わせ・ご相談はお断りしています。

お問い合わせ・ご相談はE-mailのみで承っています。
下記お問い合わせフォームよりお気軽にお声掛けください。

お問い合わせいただいた内容からお客さまに適したサービス内容・費用をご回答いたします。問題解決のための具体的なアドバイスをご要望される場合には、対面による有料相談(1時間50,000円・税別)として承ります。

既存の顧問先、業務のご依頼をいただいているお客さまを最優先にしているので、お問い合わせいただいても、すぐにご連絡できない場合があることをあらかじめご了承ください。

社会保険労務士岩切事務所のサービスは、会社経営者の方を対象にしています。
個人からのご相談・業務依頼はお受けしていません。何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

お問い合せフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

内容を確認した後
OKであれば「送信する」ボタンをクリックしてください。

個人情報の取り扱いについて

当事務所では、お客さまよりお預かりした個人情報を、お問い合わせ、ご相談への対応、商品・サービスのご案内、運営管理、メールマガジン運営・管理等のために使用します。法令の定め等による場合を除き、ご本人の同意を得ることなく当事務所以外の第三者に提供することはありません。個人情報を提出することは任意ですが、個人情報を提出されない場合には、当事務所からの返信やサービスの全部または一部をお受けいただけない場合があることを、あらかじめご了承ください。

個人情報の開示、訂正、利用停止、消去等については、お問い合わせ窓口までご連絡ください。詳しくは当事務所個人情報保護指針をご覧ください。

(例:株式会社XYZ)

(例:山田 太郎)

(例:ヤマダ タロウ)

(例:sample@yamadahp.jp)

(例:042-000-0000)