利益を作りたければ労働時間を短くしよう!!労働時間は量ではなく質!人事労務をデザインする東京都町田市の社会保険労務士岩切事務所

労働時間の「質」を上げて、より豊かな人生を!

社会保険労務士岩切事務所

〒194-0032 東京都町田市本町田3486-1-46-105

主な
活動地域

町田市、川崎市
 横浜市、相模原市

営業時間

10:00-17:00

お気軽にお問合せください

あなたは労働基準監督署をあまく見ていませんか?

あなたの会社の実態がこの全80問の質問にOK(問題なし)という回答をすることができるのであれば、労働基準監督署の調査を90%撃退することができるでしょう。

そうです!1問でもNGという回答があれば・・・あなたは労働基準監督署に目をつけられてしまう可能性がある、従業員が労働基準監督署に駆け込んでもやむを得ない。

そういう状況を自ら作り出しているということです。

 

労働基準監督署にいる役人=労働基準監督官は、刑事訴訟法に基づく
特別司法警察員として捜査を行い、検察庁に送検する権限があります。

土木工事現場で労災かくし-建設業者と代表者を書類送検-

青梅労働基準監督署は、建設会社及び代表取締役会長を、労働安全衛生法違反の容疑で、平成26年6月12日、東京地方検察庁立川支部に書類送検した。

〈事件の概要〉

平成25年2月7日、西多摩郡檜原村内の林道開設工事現場において、作業中であった労働者1名の左足に、斜面から転落してきた石が当たり負傷し、負傷翌日から10日間休業した。

建設会社は当該災害について、管轄である青梅労働基準監督署長に遅滞なく労働者死傷病報告書を提出しなければならないのに、これをせず、災害発生から7か月が経過した平成25年9月12日になって同報告書を提出したものである。 

〈労災かくしへの対応〉

本件は、労働災害の発生を隠蔽するため、労働者死傷病報告を遅滞なく所轄労働基準監督署長に提出しなかったいわゆる「労災かくし」事案である。

「労災かくし」が行われることは、災害原因究明、同種災害の防止対策の確立等、労働者の安全を確保する機会を失わせるほか、被災労働者が適正に労災補償を受ける権利を侵害することに繋がるものである。

労働基準行政においては「労災かくし」の排除を推進しており、あらゆる機会を通じて事業者に労働者死傷病報告の提出を周知・啓発しているもので、当署では今後も引き続き、当該違反行為に対しては厳正な対応を行っていく方針である。

東京労働局HPより引用

 

なぜ労働基準監督署は経営者に対してこんなにも厳しいことをするのか?

消費税が5%から8% さらには10%にまで引き上げられる予定です。社会保険料率は毎年上がり、最低賃金も毎年15円近く上がり続けています。

出ていくお金がどんどん増えていく中、従業員が生活に困らないよう何とかしようと一生懸命、昼夜を問わず、寝る間も惜しんで働いているというのに・・・

 

3社に2社は労働基準法違反あり!

 厚生労働省の統計によると、労働基準監督署が毎年行っている定期監督(毎年ランダムに抽出した事業所を対象とした定期調査)の結果、3社に2社は何らかの労働基準法違反がある!ということが判明しました。

定期監督等実施状況・法違反状況 2013年12月17日厚生労働省報道発表資料より引用

 実施状況違反状況(※2)
定期監督等
実施事業場数
違反事業場数(※1)違反率労働条件明示
労基法第15条
労働時間
労基法第32,40条
割増賃金
労基法第37条
平成22年128,95986,07566.7%14,81628,69121,826
平成23年132,82989,58667.4%14,80829,41221,143
平成24年134,29591,79668.4%14,41528,72620,156

(※1)「違反事業場数」欄は、何らかの労働基準関係法令の違反が認められた事業場数である。
(※2 「違反状況」欄は、当該事項について違反が認められた事業場数である。(労基法=労働基準法)

労働基準監督署の調査は、定期監督だけではありません。

 

内部告発?従業員が労働基準監督署にチクったら・・・
80%以上の確率で労働基準監督署は動きます。

従業員からのチクリ(申告)に基いて実施される監督が「申告監督」

申告処理状況 2013年12月17日厚生労働省報道発表資料より引用

 申告受理件数申告監督
実施事業場数
違反事業場数(※1)違反率主要申告事項(※2)
賃金不払い解雇
平成22年38,14833,07723,62471.4%31,8526,945
平成23年35,26329,44221,37172.6%29,8236,387
平成24年31,35225,41818,26571.9%26,8345,248

(※1)「違反事業場数」は、申告事項に係る違反が認められた事業場数である。
(※2「主要申告事項」は、重複がありうる。

 

従業員のチクリ・・・5件に4件は賃金不払い!!

これは、2014年4月4日に東京労働局が発表したデータです。

 新規申告受理件数申告事案の内容
賃金不払い解雇その他
2013年度5,0514,210830560

【今後の対応】
申告事案については、労働関係の基本的ルールを定めた労働基準法等に違反するとして労働者が労働基準監督署に救済を求めているものであることから、引き続き、申告・相談者が置かれた状況に配慮の上、懇切・丁寧な対応に留意し、迅速・的確に処理を行うとともに、指導に従わず是正を行わない事業主に対しては送検手続をとるなど厳正に対処する。

(注)「申告」とは、労働者から労働基準監督機関に対して、労働基準関係法令に係る違反事実の通告がなされることをいい、同通告を受けた労働基準監督機関は、事業場への臨検等により違反事実の有無を確認し、違反事実が認められた場合には、事業主にその是正を勧告し、改善させることにより労働者の救済を図ることをいう。

2014年4月4日東京労働局発表より引用

「賃金不払い」・・・
いわゆるサービス残業であったり、一方的な残業代カットにとどまらず、最低賃金法違反など法が定める基準を満たしていない賃金支払が原因になっている案件のこと。

簡単にいえば、従業員があなたに対して直接言うことができないから、労働基準監督署に間に入ってもらって「最低限の金は支払ってくれ!」と訴えている案件のことです。

 

もしあなたが残業代を正しく支払っていなければ・・・

あなたは労働基準監督官からこのような指導(是正勧告)を受けることになります。

  • 未払いとなっている残業代、全額(過去2年分)を従業員に支払いなさい。
  • 支払った証拠を添付して労働基準監督署に報告しなさい。

 

残業代の例

1日8時間勤務
年間240日勤務(休日:週休2日、国民の祝日、年末年始、夏休み)

基本給 250,000円/月 職務手当 30,000円/月 計:280,000円/月

1日1時間残業=毎月20時間 残業していた場合

 

残業代の時間単価

=計算基礎賃金÷1か月所定労働時間数
=(250,000円+30,000円)÷(8時間×240日÷12)
=280,000円÷160時間=1,750円/時間

1か月の残業代

=時間単価×残業時間×(1+割増賃金率)
=1,750円×20時間×1.25=43,750円/月

労働基準法上の賃金債権(あなたの賃金支払い義務・従業員の賃金請求権)は2年間有効です。

最大で過去2年分の未払い残業代の支払い義務が法律上の債権債務として有効に残っています。

 

過去2年分の未払い残業代=43,750円×24か月=1,050,000円

 

労働基準監督署はあなたに、

  • この1,050,000円を1回で全額支払いなさい
  • そして支払った証拠を添えて、労働基準監督署に報告書を提出しなさい。

という指導を行います。

もし同様の未払いとなっている従業員が10人いたとすれば・・・

 

10,500,000円!

なんということでしょう。1日たったの1時間?

その積み重ねの結果は・・・まさに「塵も積もれば山となる」

この指導に従わないでいると・・・これは脅しでも何でもありません。

 

こんな現実が待っています。

賃金不払残業を行わせたスーパーマーケット経営会社を書類送検

江戸川労働基準監督署長は、スーパーマーケット経営会社及び同社代表取締役等を労働基準法違反の容疑で、平成26年6月2日、東京地方検察庁に書類送検した。

〈事件の概要〉

第1 スーパーマーケット経営会社代表取締役は、同社が経営する東京都江戸川区内に所在する食料品スーパーマーケット2店舖において、平成25年5月21日から平成25年7月20日の間、労働者32名を法定の労働時間を延長して労働させながら、通常の労働時間の賃金の計算額の2割5分以上の率で計算した割増賃金合計654万3,783円を支払わなかったものである。

第2 スーパーマーケット経営会社に対しては、江戸川労働基準監督署労働基準監督官が、割増賃金の不払につき是正指導し、その是正措置結果について、労働基準法第104条の2第2項に基づき是正報告をするよう求めていたが、同社代表取締役は、同社部長A及び課長Bと共謀し、平成25年10月1日、同労働基準監督官に対し、実際には支払をしていないのに、同社労働者71名の過去の賃金不払残業に対する割増賃金2710万0,821円を遡及して支払ったとする虚偽の内容を記載した是正報告書を提出したものである。

〈捜査の端緒〉

同社に対しては、平成24年8月、平成25年6月に割増賃金の不払について是正するよう監督指導を行ってきたが、同社はその指導にもかかわらず違反行為を続けてきたものであることから捜査に着手したものである。

また、同社は、当署の是正指導に対し、不払の割増賃金を遡及して支払ったとする是正報告を行っていたが、捜査の過程で、本社ほかを家宅捜索したところ、同社は実際には遡及支払を行っておらず、同報告が虚偽の報告であったことが判明したものである。

〈賃金不払残業への対応〉

労働基準監督署では、事業者に対して適正な労働時間管理の徹底を図り、賃金不払残業を起こさせないことを重点とした監督指導を実施しています。

また、是正指導にも関わらず改善の意欲が認められず、賃金不払残業を繰り返す、又は労働基準監督署に対し虚偽の報告を行うなど重大悪質な事業者に対しては、書類送検を含めて厳正に対処しています。

東京労働局HPより引用

なぜあなたは従業員に給与を支払ってまで雇っているのですか?

給与を支払うということは、その分利益が減るということ。にもかかわらずなぜ従業員を雇っているのですか?あなたは、あなたのサービスを受けたいというお客さまの要望・希望により多くをこたえるために、あなたの分身として従業員を雇っているのでは?

労働諸法令に違反している状況は、従業員に「労働基準監督署に駆け込んでもらってもOKですよ」と言っていることと変わりありません。

労働基準監督署が動くということは「法律違反」の疑いをかけられていることと同じです。少々言葉がきつく感じるかもしれませんが、それが「法律違反」です。

労働基準監督署は法律違反の大小、会社規模の大小を問いません。是正勧告で済めば御の字です。法律を知っている、知らないを労働基準監督署は汲み取ってくれません。

あなたのビジネスに法律違反状態は必要ですか?

法律違反はあなたのビジネスにとってデメリットでしかありません。もしあなたが、

今の状況を確認したい!改善できるところは改善したい!そのきっかけが欲しい!

そう願うのであれば・・・

 

そこでご紹介するのが  労務監査<PSR版> です。

監査というと、役人が目を光らせ「どこか悪いところはないか?」まるで犯罪者扱いされているかのごとく調査を受ける。役所の調査のようなイメージがありませんか?

労務監査、経営労務監査を提供しているのは主にコンサルティング会社や社会保険労務士。

専門家があなたのもとを訪れて書類をチェック、ヒアリングをしたり、規程や書類などを持ち帰って重箱の隅を「これでもか」というくらいに突っつき、NGな部分をあぶり出す。監査の結果、NGな部分があれば、改善提案をする。おおむねこのような内容です。

監査内容にもよりますが、監査に要する期間は2週間から4か月。当然、それに応じた費用が掛かります。

監査サービスの提供者、提供内容によって提供価格はバラバラですが、下は100,000円、上は1,000,000円以上するものまであります。経営にゆとりがあるお客さま向けサービスなのかもしれません。

遊ぶお金に余裕がない経営者にとっては、申し込むのにためらいを感じてしまう金額かもしれません。

とりわけ社会保険労務士の存在すら知らない経営者の方や、労働基準監督署どんなところなのかもわからない方にとって、その時間と金額の価値は、ピンとこないと思います。

 

労務監査<PSR版>は
一方的にあなたの会社の粗を探す監査ではありません。

誰でも他人から一方的に言われると、いい気持ちはしないでしょう。だから、労務監査<PSR版>は用意された質問に答えるだけ。

用意された質問に答えるだけで、今のあなたの実態、法的なリスクを抱えている状況を知ることができます。

労務監査<PSR版>は、労働基準監督署が調査の際によくチェックする8分野で構成されています。1分野各10問。選ばれた質問が網羅されています。

カテゴリ1:募集・採用
カテゴリ2:労働時間・休憩・休日
カテゴリ3:賃金
カテゴリ4:保険(労働・社会)
カテゴリ5:安全衛生
カテゴリ6:休暇・休業
カテゴリ7:退職
カテゴリ8:帳簿・就業規則・労働協約

しかしながら、用意された質問にあなたが回答するシステムですので、当然弱点があります。あなたが回答に嘘をつけば、監査結果はあなたの嘘を反映してしまいます。

労務監査<PSR版>結果の精度は、あなた自身に委ねられています。あなたの嘘までを確認することはできないことはあらかじめご了承ください。

 

80問で十分なの?という疑問があるかもしれません。

そんな疑問を抱いたのであれば、あなたは完璧主義者なのかもしれませんね。これ以上の質問数が欲しいのであれば、あなたにとって労務監査<PSR版>は価値がないと思います。

労務監査<PSR版>は、

  • どこが法律違反になっているか?
    全く見当がつかない。今の状況を確認したい経営者の方や
  • 今まで社会保険労務士と関与したことがない経営者で、今の状況に不安を感じている方
  • 人事労務管理に法的な問題がないか?不安を感じている経営者の方
  • 高額な労務監査は必要を感じない。
    でも気になる部分があるから労務監査は受けてみたい・・・

そんな経営者の方に向けたサービスです。

全80問の中には、統計データにあった主要違反(賃金不払い、解雇、労働条件明示など)に対する最低限の質問は全て含まれています。

10社に7社が違反している実態=この80問ですら100%OK回答をすることができないでしょう。人を雇ってビジネスをしている経営者が労働諸法令を100%理解して実践していたら、あんな統計データは出てきません。労務に100%完璧はありません。

もしあなたが質問を理解することができなければ、そこにリスクが潜んでいるという証です。

もし1問でもNGという回答があれば、従業員に付け入られるスキがある、労働基準監督署に目をつけられてしまう要素があるというサインです。

あなたの会社の実態が、全80問すべてに対してOKという回答をすることができれば労働基準監督署の調査を90%撃退することができるでしょう。従業員のチクリにビビる必要もなくなるでしょう。

 

労務監査<PSR版>の質問は二者択一の選択式!

労務監査<PSR版>の目的は、今の実態を確認し、問題点をあぶりだし、改善すべき個所を見つけること。あなたの知識を問うものではありません。

だから質問への回答は、白黒はっきりさせるべく二者択一の選択式です。

すべて二者択一での回答ですから、1分野10問の質問に対して3分もあれば全問回答できるでしょう。8分野ですから24分あればすべて回答できる計算です。

少し余裕を持って考えれば、30分だけお時間ください。

30分だけ集中して回答することができる環境を整えてください。深呼吸をして、監査を受ける目的を再確認して、心を落ち着かせてから回答に臨んでください。

こんな回答したら恥ずかしい、だらしなく思われるかも・・・そんなことは思わないでください。気持ちを楽にして回答してください。

労務に100%完璧はありません。
法律違反をあぶり出すことができれば、あとは改善するだけでいいんですから・・・。

社会保険労務士には、守秘義務が課されています。外部に漏れないよう厳重に管理することをお約束します。監査結果を労働基準監督署に報告することもありません。

 

監査結果は、1週間以内にメールでご報告!

質問・回答用紙はパソコンが苦手な方でも扱いやすく加工したExcelファイル。

回答入力に必要なキーボード操作は、1、2、enterの3つ。全ての回答が終わったら、上書き保存(ctrl+s)。Excelファイルが送られてきたメールを返信メールにして、回答ファイルを添付して送信。あとは監査報告書が送られてくるのを待つだけ

あなたの時間を必要以上に奪うことはありません。

監査結果は、回答をメールで受領後、7営業日以内に「監査報告書(.pdf)」にまとめ、メールでご報告。質問が二者択一なら、コメントも二者択一。あなたの回答に一問一問直球のコメントを添えてご報告します。

監査報告書には結果が一目でわかるよう、8分野の結果をレーダーチャートで表示。

8分野のどこが甘くて、どこがOKなのか?

一目瞭然あなたの弱みを確認することができます。

 

コメントでは物足りない?分野ごとに詳細のレポートをお付けします!

総ページ数100ページ以上!レポートは単なる解説にとどまりません。特に重要な部分については、参考条文、重要な通達、判例などを掲載しています。

道路には誰もが目で見て確認できる標識があります。ビジネスの世界では誰もが目にすることのできる標識はありません。自分から探しに行かないと標識を見ることも触れることもできません。

このレポートは、人を雇ってビジネスをする方にとっての「標識」となることでしょう。監査結果でNGの部分があれば、このレポートを読んで改善策を検討することができます。

 

法的リスクをあぶりだしたら、あとは改善するだけ。

法的リスクを放置していても、そこからメリットは生まれません。生まれるのは、将来への不安だけです。良薬は口に苦し。

あなたが積極的に改善に取り組めば・・・

  • あなたはもっと楽しくビジネスをすることができるでしょう
  • いまよりももっと幸せを感じる生活を送ることができるでしょう
  • その幸せを従業員と分かち合うことができるでしょう
  • これから先、従業員が安心してあなたのもとで働いてくれるでしょう
  • 従業員が安心して働くことができれば、お客さまも喜んでくれるでしょう
  • お客さまが喜んでくれれば・・・
    お客さまはあなたのサービスを喜んで購入してくれる・・・かもしれません
  • あなたのサービスに幸せを感じてもらえれば口コミで評判が広がる・・・かもしれません
  • 今まで以上に多くのお客さまを幸せにすることができる・・・かもしれません
  • ビジネスそのものに抱いている不安を小さくすることができる・・・かもしれません

 

少しでも不安があるのなら、今すぐその不安をあぶりだしましょう。

法律違反は百害あって一利なし!

あなたのビジネスに法律違反状態は必要ですか?

1日も早く法律違反を犯しているかもしれないリスクを解消したい

あなたがそう願うのであれば・・・時計は止まってくれません。

いますぐお申し込みください!!

労務監査<PSR版> 基本料金表

労務監査<PSR版>¥50,000
労務監査<PSR版>結果に基づく改善計画の立案¥100,000~

※料金表示は税抜です。

※ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

労務監査<PSR版> サービスの流れ

お問い合わせからサービス提供開始、完了までの流れをご案内いたします。

お問い合わせ

このページの下部にあるお問い合わせフォームよりお声掛けください。

ご面談・打合せのアポイントが確定したら、当事務所より御社へお伺いいたします。

ご面談・打ち合わせ

労務監査<PSR版>のお申込みにつき、双方合意に至ればお申込み確定です。

合意内容に基づいて御請求書を発行しますので、指定期日までにお支払いください(受託内容により御請求書の発行時期は前後します)。お支払いの確認が出来ましたら、業務を進めます。

労務監査フォームの発行

御社専用の労務監査フォームを発行します。打ち合わせで設定した回答期限日までに回答してください。回答期限日を過ぎるとアンケートフォームは閉鎖しますのでご注意ください。

回答の集計・分析(監査実施)

アンケートフォームを閉鎖したら、集計・分析作業を進めます。

集計・分析には2週間ほどお時間をいただきます。

監査結果のご報告

スケジュールで決めた日時に監査結果をご報告いたします。

監査結果はPDFファイルにてご納品いたします。

  1. 監査報告書
  2. 監査レポート

監査結果のご納品をもって労務監査<PSR版>は完了です。

監査結果に基いて、改善計画の立案などをご希望される場合には、別途コンサルティングとしてお受けいたします。費用は、御社のコンプライアンス達成状況により異なります。

顧問契約のご依頼をいただいた場合の特典

監査結果を受け取った日から1か月以内

顧問契約(松・竹)を結ばせていただいた場合

初期費用を「無料」にします。

ただし、顧問契約の際にお預かりする従業員情報、賃金情報を紙ベース(.pdf含む)でしかお預かりできない場合には、別途入力手数料ご請求させていただきます。ご了承ください。

通常、初期費用は、毎月の顧問料金とは別に顧問料1か月分相当をいただいています。

追伸

あなたは、あなたのサービスを必要としているお客さまそのサービスを提供するあなたが雇入れた従業員たちによって支えられています。だからビジネスを続けることができています。

これはあなただけではありません。ビジネスをしている人全員に共通していること。労務監査<PSR版>をご提供している社会保険労務士岩切事務所も例外ではありません。

もしあなたが「法律違反」という理由で従業員とのトラブルに巻き込まれ、お客さまへサービスを提供することができなくなる、低下してしまうという状況になれば、それはお客さまへの裏切り行為です。

  • これからもビジネスを続けたい
  • よりよいサービスを展開していきたい
  • そして、一国一城の主として誇らしくありたい

あなたがその願いをかなえたいのであれば、法律違反は全く不要な要素です。

  • 人事の経験があるだけで専門知識のない従業員に任せっきりだ
  • 社会保険労務士に一度も携わってもらったことがない
  • いままで専門家からアドバイスを受けたことがない

あなたが労務監査<PSR版>を活用しない理由はないでしょう。

労務監査<PSR版>お申込み・お問い合わせフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

個人情報の取り扱いについて

当事務所では、お客さまよりお預かりした個人情報を、お問い合わせ、ご相談への対応、商品・サービスのご案内、運営管理、メールマガジン運営・管理等のために使用します。法令の定め等による場合を除き、ご本人の同意を得ることなく当事務所以外の第三者に提供することはありません。個人情報を提出することは任意ですが、個人情報を提出されない場合には、当事務所からの返信やサービスの全部または一部をお受けいただけない場合があることを、あらかじめご了承ください。

個人情報の開示、訂正、利用停止、消去等については、お問い合わせ窓口までご連絡ください。詳しくは当事務所個人情報保護指針をご覧ください。

(例:株式会社 XYZ)

(例:代表、人事部長)

(例:山田太郎)

(例:ヤマダ タロウ)

(例:sample@yamadahp.jp)

(例:000-0000)

(例:東京都)

(例:千代田区大手町1-1-1)

(例:03-0000-0000)